工具買取専門店リツールの工具お役立ち情報! | リツール

工具をきちんと高く売るなら、工具買取専門店のリツール

123-456-7890

Reツール 工具お役立ち情報- USEFUL TOPICS -

2020.02.14

マキタ(makita)のバッテリーの豆知識

電動工具・機械工具の買取専門店

Reツール東淀川店 スタッフのMです。

↑タッチで電話がかかります。

 

マキタ(makita)のバッテリーの豆知識

 

マキタ(makita)バッテリーの裏側にロゴや型番が記載されているシールありますよね。

実はここを見るだけで、製造時期などがわかっちゃうんです。

 

まず型番号の意味からお伝えします

 

マキタ(makita) 18V 6.0Ah リチウムイオンバッテリーの型番号は

 

BL1860B

 

青色になっている部分のアルファベットはマキタの商品別コードです。

バッテリーはBL、インパクトドライバーはTDなどいろいろ決められています。

詳しく知りたい方は、こちら ←をクリック!!

 

緑色になっている18の部分はボルト数です。

今回は18Vの型番号だったので18になります。(BL1860)

14.4Vの場合14になり(BL1460)

40Vの場合は40になります。(BL4040)

 

赤色になっている60の部分はアンペア数です。

今回は6.0Ahなので60になります。(BL1860)

5.0Ahの場合50になり(BL1850)

3.0Ahの場合は30になります。(BL1830)

 

黒色になっているBの部分はバッテリー残容量表示があるか無いかです。

Bが付いていない物(BL1860)には残容量表示が無く

Bが付いている物(BL1860B)には残容量表示が付いています。

 

 

 

 

マキタのバッテリーの雪印マークの意味を知っていますか?

 

 

 

 

画像の赤色の部分に雪印のマークがついているのを知っていましたか?

 

 

この雪印マークをものすごく簡単に説明すると、

バッテリー自体の製造された時期をある程度把握することが出来ます。

 

 

本体にLXTと記載のあるものからつけ始めたので、

大体2年ぐらい前からのものということが分かります。

 

 

 

じゃあ右上の飛行機のマークは?

そう思ったそこのあなた!!!

黄色のところですよね?

 

 

こちらのマークも簡単に説明すると、

新品の場合最初のバッテリー残量は30%以下になっている

というマークです。

 

 

なんで!?と思ったでしょ!ww

 

答えは簡単!!!

 

 

皆様も飛行機に乗る際、モバイルバッテリーの持ち込みを制限されたりしますよね?

これらのバッテリーも気圧により発火の可能性があるので

30%以下にしとかなければならないのです!

 

海外にも高い需要があるマキタだからこのマークがあるのですね!

 

未使用品の見極め方は?

 

グリスがついているのかどうかです!

 

 

赤色ところに白い何かが付いているのがおわかり頂けると思います!

 

これがグリスです!

 

一度でもバッテリーを本体か充電器に、はめ込んでしまうとこのグリスが延びたり無くなったりします。

 

新品をお持ちの方は、一度確認してみてくださいね!!!

 

 

電動工具買取専門店

Reツール西宮店
兵庫県西宮市今津出在家町10-68
コーナンPRO今津店駐車場内
電話:0120-033-789
営業時間:13:00~21:00

 

Reツール豊中店
大阪府豊中市庄本町 4丁目4番30号
コーナンPRO豊中店駐車場内
電話:0120-033-784
営業時間:12:00〜20:00

 

Reツール東淀川店
大阪府大阪市東淀川区菅原2丁目2−105
コーナンPRO東淀川店駐車場内
電話:0120-033-712
営業時間:12:00〜20:00

 

Reツール松原店
大阪府松原市田井城 2丁目256番地1
コーナンPRO松原市役所前店本館駐車場内
電話:0120-033-724
営業時間:12:00~20:30

 

error: Content is protected !!